銀行と比べ消費者金融は審査が甘い?

消費者金融と銀行でお金を借りる場合とでは、どちらが審査が甘いのかといえば、一般的には消費者金融のほうというイメージがあります。現実にはどちらが審査が甘いかというのはその両方の審査基準が申し込んだ側には明確にならないため単純に比較をすることはできません。

 

それでもなお消費者金融のほうが審査が甘いというイメージが強いのは、銀行と異なり「お金を借りる」というサービスに特化した存在だからといえます。

 

銀行でもお金を借りることができますが、これは銀行のもつ様々な業務内容のひとつであって、融資事業以外にも銀行では多くの業務を行っています。そのため、お金が必要と思った人がまず考えるのは、消費者金融を利用することではないでしょうか。それだけ消費者金融というところ

 

が誰でも手軽にお金を借りることができる存在

 

となっていることがわかります。では審査が甘いのは本当かといえば、これについては確かに銀行に比べると「借りやすい」ということに変わりはありません。たとえばアコムやプロミスといった消費者金融の大手では自動契約機という仕組みがありますので、

 

土日や祝日、夕方以降であっても即日融資を受けることが可能

 

です。いつでも手軽にお金を借りるという意味では、消費者金融が銀行よりも優れている点といえるかもしれませんが、それと審査が甘いということは必ずしもイコールではありません。

 

というのは、消費者金融では総量規制という法律の制約を受けながら融資を行っているためで、どんなに希望しても融資を受けられるのはその人の年収の3分の1までとなっています。また、消費者金融では仕事をしていない専業主婦への融資も基本的には行っていません。

 

こうした点は銀行であればクリアできる点であることを考えると、一般的に審査が甘いといわれる消費者金融であっても返済能力を確認するための審査は一定の基準が設けられていることがわかります。

 

お金を借りようと思っている人の層によってはむしろ銀行の方が審査が甘いと感じられるかもしれません。ですが、おまとめローン口コミにもあるように各個人の状況や受けとめ方により審査に対する感じ方は違うという事です。

2015/07/16 22:22:16 |
少し前に旦那さんがかにが食べたいというので、お店でかにを購入しました。値段は高かったのですが仕方がないと思って購入をしました。でも、購入をしたかには値段が高かったにもかかわらず身があまりなかったのです。それには凄くがっかりをしました。しかも専業主婦 キャッシング可能な所で借りたお金で購入したので余計...